BLOG

10pigeons 婚活アドバイザーブログ

果報は寝て待て

果報は寝て待て、という諺がありますね。この言葉、婚活の本質を表しているような気がします。頑張ってるのに、なかなか良い方に出会えない・・・という会員さんによく「果報は寝て待てだから、大丈夫だよ!」と励ましたものです。

 

ちなみに・・・。婚活での「果報は寝て待て」はどういう意味だと思いますか?

 

①良いご縁は、そのうち来るから焦らずにのんびり待ってたら良い

②良いご縁は来るときには来るから、やるべき事をした上で焦らずに待つとよい。

 

 

結婚したい気持ちはあるけど、婚活はちょっと・・・。「私は自然な出会いで結婚したい!」というタイプの方は、①だと思うかもしれません。勿論、間違ってないですが、もしあなたが今、30代後半から40代以上の方だったとしたら、残念ながら、結婚は難しい可能性が高いです・・。

 

 

今、私は50歳なんですが、20代、30代、40代と年を重ねるにつれ、男女にかかわらず新たな出会いの機会は少なくなりました。仕事などで初めて会う人は多いですが、知り合いの域を超えてプライベートで交流できる人との出会いに限定すると、圧倒的に少なくなります。ちょっと前に話題になった「独身おじさん問題」・・私は既婚のおばさんですけど、「すごいわかるわ~」と思いました!

 

30代後半から40代以上の方で、結婚したいな・・と思っている方は、ちょっと振り返ってみてください。

 

今の日常生活で、新たな出会いの機会はどのくらいありますか?仕事が忙しくて、休みの日は休息に充てるだけ。やりたいことも特にないから、ちょっと家のことをしたり、買い物したり・・そんなお休みの過ごし方をしているうちに、異性との新たな出会いが無いまま、あっという間に数年が過ぎていたりしてませんか?

 

冒頭の『果報は寝て待て』に戻りますが、婚活での正解は②の『良いご縁は来るときには来るから、やるべき事をした上で焦らずに待つとよい。』になります。

 

出会いは待ってるだけでは、なかなか難しい時代になりました。コロナで物理的にも人と人の距離が離れつつあるし、お節介な上司や親戚がお相手を紹介してくれたりすることも少なくなってます。こうなったら自分で動くしかありません。

 

まずは、今の生活をちょっと見直してみましょう。今日から夏休み、という方も多いのでは?と思いますが、この夏、楽しみな予定は入っていますか?スケジュールが真っ白・・という方は、今から何か予定を立ててみてください。趣味を楽しむ、お休みにはお出かけする、お誘い頂いたら断らない、新しい習い事を始めてみる、自分に投資する、出会いがありそうな場所に積極的に出かけてみる、今の生活に少し風を入れて動きを出していきましょう。それでも出会いがないときには、ぜひ婚活も視野にいれてみてくださいね!

 

人込み嫌~とか言ってないで、いろいろ楽しんでみましょうね!

 

いろんな異性との出会いが増えてきたら、、その時こそ『果報は寝て待て』です。

 

 

 

 

ZOOMでのオンライン婚活お茶会も随時受け付けています。
LINEからのお申込みの方には、婚活お茶会が無料になるクーポンを配布中

下記よりお気軽にお申込みください★

 

友だち追加